ハローワーク 求人 急募

ハローワーク 求人 急募

急募の求人案件なら採用されやすいのか?

今すぐにでも人材を求めている企業ですから、他に応募者がいないようであればとりあえず採用ってことになることも十分にあると思います。

 

ただ、急募と出している企業の実態ってどんな感じなのか想像してみると、

 

・人が突然抜けて人員がカツカツ状態

 

 ⇒人員に余裕がない、突然人が辞めるような会社かも?

 

・計画的な人員計画を立てていない

 

・とりあえず誰でもいいかな人を入れたい

 

 ⇒計画性のない会社かも?

 

ただ、こうした悪いことばかりでもなく、もしかすると急成長して人員が急遽必要になったという可能性がないこともないのですが、そうした優良な企業であれば、ハローワークに急募という求人広告を打つのではなく、人材集めはアウトソーシング(転職サイトを運営している会社へ)するのが今のトレンドですね。

 

自社の求める人物像を伝えて、予め選別された中から選べば良いので効率的だからです。(ハローワークに急募と掲載すると多くの応募者の中から自社で選定しなくてはいけないので相当な労力と手間がかかってしまいます。)

 

こうしたことからも、やはりハローワークに急募と出している求人広告よりも、転職サイトへの登録して、状態の良い会社の求人案件を探すのが良い転職活動だと思います。